通販で医薬品を買う時のポイント

通販で医薬品を買うことによるメリットやデメリットについて

医薬品の通信販売が許されている業者とは

インターネットなどを利用して医薬品を購入する際には、自分の症状に合った医薬品を選ぶことだけでなく信頼できる業者を選定して注文することが重要となってきます。
ネット販売ができる業者は実際の店舗を構えて週に30時間以上営業していることなどが条件とされているようです。
さらにサイト上には医薬品の販売許可証や店舗の写真、購入時に相談ができる専門家の勤務状況などを表示しておくことが定められているそうです。

このようなネットを使った医薬品の販売は電話販売やカタログ販売と同様に「特定販売」として規定されていて、これを行う業者は書面にて顧客との通信手段や取り扱う医薬品の区分などを都道府県知事に届け出なければならないとされてれているのです。

新しくできたカテゴリーについて

もともと医薬品は「医療用医薬品」と第1類~第3類からなる「一般医薬品」とに分けられていて通販で購入できるのは第3類医薬品だけだとされていました。
しかし薬事法の改正に伴ってすべての「一般医薬品」が通販でも購入できるようになったのです。
そして、その改正と同時に「要指導医薬品」という新たなカテゴリーも登場しましたので詳しく見ていきたいと思います。

「医療用医薬品」については依然として医師の処方と購入時の薬剤師の立ち合いが義務付けられておりネットで購入することは認められていません。
「要指導医薬品」というのは医療用から一般用へと移行したものの、まだ日が浅く副作用などのリスクが確定していないという理由から購入には薬剤師と対面して説明を受けることが必須となっている医薬品だといいます。


この記事をシェアする