通販で医薬品を買う時のポイント

改正薬事法によってネット販売が許された「一般医薬品」

通販で購入できる医薬品の種類

今現在、インターネットなどを利用して購入することができる医薬品は「一般医薬品」に限られています。
まず、ネット販売をする業者は実店舗を構えていることが条件となっているのですが第1類~第3類医薬品というのはリスクに合わせて販売者に必要な資格がそれぞれ異なっているといいます。
「一般医薬品」は、薬剤師でなければ販売することができず情報提供を義務化している第1類医薬品と、薬剤師か登録販売者であれば販売が可能で情報提供は努力義務となっている第2類医薬品、同じく薬剤師か登録販売者が販売し情報提供の義務はないとされている第3類医薬品とに分けることができます。

このように「一般医薬品」は扱いやすさや副作用が起きてしまった場合の重大さなどによって分類されているのです。

通販で買うことができない医薬品について

今もなおインターネットでの購入が許されていない医薬品に「医療用医薬品」と「要指導医薬品」というものがあります。

「医療用医薬品」というのは処方薬と呼ばれているもので医師が患者の体型や体質に考慮しながら症状に合わせた薬を処方し、その処方箋をもとに薬剤師が調剤した医薬品のことをいいます。
一方「要指導医薬品」は薬事法によって薬剤師に直接話を聞かないと買うことができないと定められていて「一般用医薬品」の括りに入ることも多い医薬品のことを指しています。

これらは通販で販売することが禁じられている医薬品ですが、これ以外の販売が許されている医薬品であったとしても飲み合わせなどに不安があるという場合は当然あるでしょう。
そのような時には電話やメールといった手段を利用して常駐している薬剤師などに相談してみるといいと思います。


この記事をシェアする